ニキビ跡の種類「クレーター」

ニキビ跡を消したいと思っている方は多くいます。当サイトではニキビ跡ができる原因、どのような方法で治療していけば良いのかを説明します。
ニキビ跡を作らせないためには、まずはニキビを作らないようにすることが大切。ニキビ跡を消す方法はありますが、相当時間がかかります。自分自身のケアだけでは効果が出ない場合もあります。日頃行っているお肌のケアに、+アルファして行う方法も重要です。

ニキビ跡の種類「クレーター」

ニキビ跡の状態で、「クレーター」と言う状態があります。これは、ニキビによって、肌が凸凹した状態になってしまったことを表わしています。
ニキビが、ひどい炎症を起こしたり、膿を持っている状態だったりとひどい状態の時に、このクレーター状ニキビが出来るといわれています。このニキビによってニキビ跡が出来てしまうと、なかなか改善することの出来ない深いニキビ跡となってしまいます。ニキビが出来ても清潔な状態で肌を保つよう心がけ、ニキビを指で潰したりすることが無いようにしましょう。

ニキビ跡とホルモンの関係

ホルモンバランスとニキビ跡は深い関係があります。ニキビやニキビ跡と関係している女性ホルモンは、「エストロゲン」や「プロゲステロン」などです。
プロゲステロンはニキビ跡の原因となるニキビを作ってしまい、エストロゲンは逆に、肌の状態を整えてくれます。これらのホルモンは月経周期によって分泌を繰り返しているので、それぞれのホルモンが分泌される時期にケアの仕方を変えたりして、ニキビケアをしていくことが必要です。

ニキビ跡を消す治療

ニキビ跡を消す治療には、皮膚科などの医療機関での治療が効果的です。ニキビ跡を消す治療として、外用薬や内服薬などで治療を行います。外用薬では、抗生物質が含まれたものが処方されます。内服薬として「ビタミン剤」などが挙げられ、内服薬で抗生物質を服用する際は長期の使用は勧められません。
処方されるビタミン剤には、美しい肌作りに必要なコラーゲンを作りだすために欠かせない「ビタミンC」や、皮脂の分泌をコントロールしてくれる「ビタミンB2」などがあるようです。

エステでニキビ跡を改善する

エステサロンでは、自宅で出来ないケアを行える他、癒しの空間で施術を受けることが出来ます。
しかし、エステサロンはどこでも良いわけではなく、それなりの施術が行える場所を探す必要があります。普段では出来ないケアをしてもらいたいと考える方は、フェイシャルケアを行える場所で十分ですが、ニキビ跡を改善したいと考えている方は、ォトフェイシャルやイオン導入などの施術を行える場所を選んでください。